トップページ > お薬ミニ情報 > お薬の服用方法 >

お薬の服用方法

お薬をお渡しする際には、薬袋(やくたい)にお薬を入れてお渡ししますが、その薬袋には、 一般的に以下のような飲み方が書かれています。

食前 ・食事をする20~30分前に飲みます。
一部のお薬には、食事をする前にあらかじめ体内で効く必要があります(一部の糖尿病薬など)。 ゆえに、食前に服用するお薬を食後に飲むと、効果が大きく減ってしまう場合があります。
食後 ・食事をした20~30分後に飲みます。
食事と一緒に薬を服用すると、胃の粘膜を荒らしにくいなどの利点があります。また、一部の 薬には、食事と一緒に服用する方が吸収が良いものもあります。
食間 ・食事をした2~3時間後に飲みます。
胃の中に食物がない状態で服用すると吸収が良い薬があります(大部分の漢方薬など)。