トップページ > お薬ミニ情報 > 薬の配合剤 >

薬の配合剤

 数年ほど前から、お薬の主成分を2種類以上含む新薬が多数発売されています。昔は、1つのお薬は1つの成分のみというのが常識でしたが、最近では患者さんに対しての利便性向上などを目的として、いろいろと販売されています。

配合剤の
利点
 いつもは2種類以上のお薬を使用しなければならなかったのが、1つにまとめられることで、いろんな利点が出てきます。

①何度かにわけて服用、もしくは使用していたお薬が1回でまとめられるので、患者さんのコンプライアンス(利便性)の向上が期待できます。

②複数のお薬をそれぞれ製造すると、製造コストがかさみます。1剤にまとめることで製造コストが下がり、価格が安く抑えられます。
配合剤の
点眼液 目薬をさす回数が、1日2回から1日1回になる。

降圧薬 2種類のお薬を1種類だけ服用すればよくなる。

喘息治療薬 1日あたりの吸入する回数を減らすことができる。