トップページ > 健康ミニ情報 > サプリメント >

サプリメント

 ドラッグストアやスーパーに行けば、必ず売っているようになったサプリメントについて解説します。サプリメントとお薬を同じように考えている方もおられると思いますが、サプリメントは食品の一種です。よくサプリメントの服用する時間は、いつがいいのかという質問がありますが、特に決まった時間はありません。
 サプリメントは、大きく2つに分類されます。それは、「保健機能食品」といわゆる一般の「健康食品」といわれるものです。


 保健機能食品  厚生労働省から、成分の働きや安全性が認められた、いわゆるお墨付きの物になります。決められた範囲で、どういう効果が期待できるかなどの表示ができます。
 特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品と呼ばれる物が該当します
 健康食品  保健機能食品以外の物は、公的機関による認定は受けておらず、どのような効果が期待できるかなどの表示をすることができません。
 市場に出回っている多くの物は、こちらに分類されます。具体的に効果が期待できるかどうかはわかりませんので、購入時は注意が必要な物もあります。

以下に、最近話題になっているサプリメントに含まれる成分について解説してみましょう。

サラシアエキス  サラシアとは、ニシキギ科に属する蔓性の植物です。その根などを細かく砕いて、エキスを抽出した物がサラシアエキスです。サラシアには、体内で糖の分解を抑えて吸収を遅らせる働きがあります。また同時に腸内環境を整え、善玉菌の数を増やす作用もあるとされています。
 カテキン  高濃度のカテキンを含む茶葉系飲料がトクホになっているように、カテキンには多くの効果が認められています。その代表的な効果には、抗がん作用や脂肪燃焼作用があります。カテキンの主成分であるポリフェノールが、強力な抗酸化作用を示し、それが体内で発生する活性酸素の除去に役立っています。 
 また、微生物の増殖を抑える作用などもあり、風邪の予防などの効果もあるとされています。
 食物繊維  食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分けられます。
 水溶性食物繊維は、水に溶けても粘性が高く、胃や腸で栄養分の吸収を抑える働きをします。そのため、血糖値の上昇抑制やコレステロールの吸収阻害などの作用があるとされています。
 不溶性食物繊維は、糞塊の量を多くすることで物理的に排便を促す作用があります。
 L-カルニチン  カルニチンは、体内で脂肪をエネルギーに変える際に必要となる物質です。体内でも生成されますが、その量が少なく、サプリメントで補うことにより、脂肪燃焼作用が強くなるとされています。
 CPP  CPPとは、カゼインホスホペプチドというタンパク質の一種で、牛乳中の鉄分やカルシウム分の吸収を助ける働きがあります。一般に、牛乳中のカルシウム分の吸収率が、小魚や野菜中のそれよりもはるかに高いのは、CPPによるものです。

 サプリメントは、食品の補助を目的としたものですので、サプリメントですべての栄養素を摂取すると考えるのは、よくありません。まず第一にバランスのとれた食事を心がけ、適度な運動や睡眠で、疲れやストレスをためない生活が大切です。それでも必要と思われる場合は、サプリメントを利用することをおすすめします。
 最近のサプリメントの主流は、ダイエット系サプリです。上記に紹介した成分には、ダイエットに効くような成分ではありますが、多くは運動を適度に行う必要があります。飲むだけでやせるようなサプリメントはありませんので、注意して下さい。