トップページ > 健康ミニ情報 > 緑内障 >

緑内障

 テレビ番組でも話題になっている緑内障は、何らかの原因で目の中の圧力(眼圧)が高くなり、そのため圧迫された視神経が死滅し、視野が狭くなる(見える範囲が狭くなる)病気です。
 緑内障が怖いのは、病気が進行しても痛みを伴うことが少ないため、気づきにくく、また一度死滅した視神経は回復しませんので、気づいたときには手遅れとなっている場合があります。
 日本人の40歳以上で20人に1人の割合で発症し、失明原因でもっとも多いのがこの緑内障です。


緑内障の治療方法 
薬物療法  緑内障の治療のメインは薬物治療です。目薬を点眼することにより、眼圧が低い状態を維持し、視神経を守ることで緑内障の進行を抑えることが可能です。緑内障の目薬は様々な種類があり、患者さんにあわせて薬が処方されます。 
レーザー治療  薬物治療では眼圧が下がらない場合などに検討されます。
手術  様々な方法でも緑内障の進行が抑えられない場合に、検討されます。

 緑内障は、ほかの病気と同様に、早期発見と早期治療が原則になります。健康診断などで発見できることが多いので、少なくとも年に1回は検査を受けましょう。
 最近になって、眼科医院に行かなくても、自宅で簡易検査ができるようになりました。詳しくは、「緑内障」「クロックチャート」で検索できます。