トップページ > 健康ミニ情報 > メタボリックシンドローム >

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの定義は、ウエストが男性で85cm以上、女性で90cm以上あり、さらに


 中性脂肪値150mg/dl以上もしくはHDLコレステロール値40mg/dl未満、もしくはその両方。
 空腹時血糖値110mg/dl以上。
 収縮期血圧130mgHg以上もしくは拡張期血圧85mgHg以上、もしくはその両方。

上記のⅠからⅢまでの中で、2つ以上当てはまる場合をいいます。

メタボリックシンドロームでは、動脈硬化が年齢相応以上に進みやすく、心筋梗塞、脳梗塞になる危険性が大幅に増加し、後遺症などによりその後の生活に不自由をきたすことになります。食生活の改善、運動などにより、内臓脂肪の蓄積を減らすことが大切です。
内臓脂肪は、たまりやすく、かつ燃焼しやすいといわれています。適度な運動は内臓脂肪の低減に効果的です。